令和3年度補正予算事業「デジタルツール等を活用した海外需要拡大事業補助金(デジタルツール型)」 のご案内

令和3年度補正予算事業「デジタルツール等を活用した海外需要拡大事業補助金(デジタルツール型)」の公募が開始されました

中小企業庁(デジタルツール等を活用した海外需要拡大事業事務局)では、越境EC(オンライン商談会)を成功に導くためのブランディングや適切なプロ モーションに係る経費に対する補助金の公募を5月17日(火)から開始されました。

本補助金では、商品のコンセプトや世界観の確立から発信までのブランディング一式に係る経費や、SNS・インフルエンサー等を活用したプロモーションに係る経費などに対して補助を行います。

○中小企業庁ホームページはこちら

【申請要件】

・申請時点において越境ECを既に活用していること、または、補助事業終了時点 において越境ECを活用していること。

・申請時点において、越境ECを活用した販路開拓で取り扱う商品が、既に存在し ていること。

・効果的な販路開拓に繋がるよう商品ブランディング・ブランド確立等にむけ た、プロモーション等を実施すること。

・支援パートナーとの契約等に基づき、支援サービスに対して適切な対価を支払 うこと。

【補助対象の経費】

広報費、マーケティング調査費、設計・デザイン費、委託・外注費、謝金、旅費 、通訳・ 翻訳費、産業財産権等取得等費、通信運搬費

※詳細は公募要領をご確認ください。

【補助上限額】

500万円(複数者による共同申請の場合は上限5,000万円)

【補助率】

2/3以内

【公募期間】

令和4年5月17日(火)~令和4年6月30日(木)15:00(必着)

【採択時期】

8月上旬(予定)

 

 

○事業の詳細は下記URLよりご確認ください。

https://digital-tool.jp

○本件のお問い合わせ先